寝屋川での骨折・脱臼はあさひに!

最近の治療実績は脊柱圧迫骨折、肋骨骨折、肘内障、などです。あさひはよく骨折患者さんが来院されます。脊柱圧迫骨折は驚くほど早く回復し、負傷日から10日目には仕事に行き、2週間目には自転車に乗っていました。普通の症例なら、同じ日に圧迫骨折して入院した患者さんは2週目に退院し、やっと歩けるほどでした。肋骨骨折は2週目には圧迫しても痛みは無くなっていました。普通の症例は大体2週目にやっと骨が引っ付くほどで、押せば痛みが走ります。あと肘内障ですが、俗にいう肘が抜ける子供に多い脱臼です。2歳の女の子がお母さんに腕を引っ張られて泣き出したとの事、はじめ手首が痛いと泣きまくっていましたが、すぐ肘内障と分かり治療に・・・・・と思ったがとにかく痛いのか診せてくれない!あせらず泣き止ませて、笑顔で優しく・・・・・・「えい!」と整復、やった後も泣いていました。帰る際にバイバイの手は動いていたので一安心。などです。

あさひでは肩の脱臼や顎の脱臼をお待ちしています。もちろん骨折も待っていますので、骨折・脱臼はあさひに!

Comments are closed.


Switch to our mobile site